伊藤忠食品

食品卸とビジネス戦略

伊藤忠食品は、伝統と信頼に裏打ちされた卸売業です

伊藤忠食品をより深く知っていただくために、まず「卸」と「商社」について知っていただきましょう。総合商社も専門商社も卸問屋も、大きな意味ではすべて「卸売業」です。では、卸と商社は何が異なるかというと、一般的には「物流機能」を有しているかいないかと言われます。

伊藤忠食品をより深く知っていただくために、まず「卸」と「商社」について知っていただきましょう。総合商社も専門商社も卸問屋も、大きな意味ではすべて「卸売業」です。では、卸と商社は何が異なるかというと、一般的には「物流機能」を有しているかいないかと言われます。

「卸」は、商品を仕入れて販売するという“商流”に加え、商品を自社の物流センターで保管・管理し、配送する“物流機能”を持っています。“商流”と“物流”の二つの機能を果たすいわば、流通の主体となる業態です。

「商社」の多くは、商品を仕入れて様々な形態の小売店に販売する“商流”をビジネスの中心にしています。また、各種原料を買い入れて、メーカーに納入するという機能も特徴的です。

伝統と実績、圧倒的に強い商品分野がある

伊藤忠食品が取り扱う商品は、約50万アイテム。そのうち、約6割が酒類や嗜好・飲料品です。この分野における歴史は古く、当社の成り立ちが深く関係しています。伊藤忠食品は、1886年に武田長兵衛商店(現在の武田薬品工業㈱)より洋酒食料部門を譲り受け創業したという経緯があります。当時よりビールや調味料など新しい商品を積極的に取扱い、市場の認知度を上げるとともに、”先見性のある卸”として躍動してきました。この頃から、国内を代表する大手食品メーカーと強いリレーションシップを有していることは当社の強みの一つです。また、スーパーやコンビニエンスストア、百貨店、外食産業、インターネット販売にいたるまで多彩なチャネルと取引があります。国内最大規模の大手コンビニエンスストアとは、1号店出店時から現在に至るまで取引を続けています。数ある卸売企業の中から、「伊藤忠さんでなければ」と依頼を受ける…。それは、当社が提供する商品や卸機能への確かな信頼の証といえます。

伊藤忠食品が取り扱う商品は、約50万アイテム。そのうち、約6割が酒類や嗜好・飲料品です。この分野における歴史は古く、当社の成り立ちが深く関係しています。伊藤忠食品は、1886年に武田長兵衛商店(現在の武田薬品工業㈱)より洋酒食料部門を譲り受け創業したという経緯があります。当時よりビールや調味料など新しい商品を積極的に取扱い、市場の認知度を上げるとともに、”先見性のある卸”として躍動してきました。この頃から、国内を代表する大手食品メーカーと強いリレーションシップを有していることは当社の強みの一つです。また、スーパーやコンビニエンスストア、百貨店、外食産業、インターネット販売にいたるまで多彩なチャネルと取引があります。国内最大規模の大手コンビニエンスストアとは、1号店出店時から現在に至るまで取引を続けています。数ある卸売企業の中から、「伊藤忠さんでなければ」と依頼を受ける…。それは、当社が提供する商品や卸機能への確かな信頼の証といえます。

伊藤忠食品の取り扱い商材

ビール・和洋酒38% 嗜好・飲料品22% 冷凍・チルド3% 調味料・缶詰15% 麺・乾物9% ギフト7% その他3%

進化に向けた新しい付加価値の追求

伊藤忠食品は基本の卸機能に加え、当社独自の機能を発揮することで、さらなる付加価値を追求しています。お取引様のニーズを発掘し、新しい商法と商品を積極的に提案する新戦略に力を入れています。

伊藤忠食品は基本の卸機能に加え、当社独自の機能を発揮することで、さらなる付加価値を追求しています。お取引様のニーズを発掘し、新しい商法と商品を積極的に提案する新戦略に力を入れています。

  • 酒類事業 当社の取引の約4割を占める酒類取引のうち、特に「ワイン」などの和洋酒に力を入れています。例えば、海外ブランドの国内展開を開始したり、酒類・食品の輸入専門商社との資本提携により商品調達力のさらなる充実を狙っています。また、ワイン専門部隊を創設したり専門資格の支援などにより提案力の強化も図り、強みである酒類の一層の強化を図っています。
  • ギフト事業 ギフトセットの企画・調達・商品開発から包装・セット包製まで、多様なギフトサービスと豊富なノウハウを提供しています。当社ギフトカタログ「パルディス」はもとより、お取引様のニーズに細かく対応しつつ開発した「ギフトセット」や「ギフトカタログ」を制作し、商品調達から宅配連携までを一貫したトータルギフトリレーションを提供します。
  • 有名外食チェーンや人気シェフとコラボレーションし、価値志向の消費者に向けた新しい商品を企画開発しています。憧れのお店、親しみのあるお店の味を自宅で楽しめるように、有名店、シェフのこだわりの味をベースにした冷凍惣菜・スイーツなどを商品化し、ブランド名を冠にした高品質かつ付加価値の高い商材を生み出しています。
  • WEB関連事業 一般の小売業で売れる商品とECサイトで売れる商品は必ずしも同じでありません。当社は、WEBの特性を踏まえた商品調達やプロモーションを提案するECマーチャンダイジングと当社独自のECサイトの運営を行っています。強みである酒類や嗜好品に加えてECならではの独自商品の開発など、より付加価値のあるサービスの提供や新たなビジネスモデルにチャレンジしています。
進化し続ける食品卸売業を目指して 日本における個人消費は300兆円、その約3割が「食」の市場という巨大マーケットです。消費者の趣向や購買チャネルが多様化するなか、当社にとってのビジネスフィールドは予想以上に大きいといえます。より新しい戦略への積極的な取り組みを推し進めつつ、創業130年の伝統ある食品卸売業としてのスタンスは変わらず大切に引き継がれています。「未来の歴史」にチャレンジ&イノベーション。「変化へのDNA」こそが、当社の原動力です。

進化し続ける食品卸売業を目指して

日本における個人消費は300兆円、その約3割が「食」の市場という巨大マーケットです。消費者の趣向や購買チャネルが多様化するなか、当社にとってのビジネスフィールドは予想以上に大きいといえます。より新しい戦略への積極的な取り組みを推し進めつつ、創業130年の伝統ある食品卸売業としてのスタンスは変わらず大切に引き継がれています。「未来の歴史」にチャレンジ&イノベーション。「変化へのDNA」こそが、当社の原動力です。

pagetop