ISC 伊藤忠食品 Recruit2020

ENTRY MY page

一品一品にかける生産者の思いを大切に「卸」という機能のイノベーションにチャレンジ。 上田 秀幸(営業)

現在の仕事

私が担当するお客様は、食品の分野では国内最大規模の店舗数を誇る大手スーパーマーケットで、主にビール、清酒、洋酒といった酒類を扱っています。なかでもメインとなるビールは、季節ごとに新商品が発売されるジャンルで、非常にスピード感が求められる仕事。ビールの場合は当社とメインで取引関係にあるメーカーがありますので、新商品の発売時期のたびにメーカーと共に企画を練り、お客様である大手スーパーに提案していきます。消費者のトレンドは何か、お客様のニーズは何か、この季節ではどのようなビールが売れるのか、過去の実績はどうだったか・・・さまざまなマーケティング要素を分析しながら、新商品の切り口を考えて一つの最終判断を出していくのがこの仕事の面白さ・醍醐味かもしれません。もちろん、いつも成功ばかりではありませんが、企画の狙いが的中し、実際の売上に貢献できたときはこの上ない喜びを感じますね。

変化

以前、ブランド事業部という当社のオリジナルブランドを開発する部署にいました。そこで有名外食チェーンや人気シェフとタイアップし、パスタソースやレトルトカレー、冷凍スイーツといったブランド商品の開発に携わりました。商品開発は、いわばメーカーの立場に立っての仕事になりますから、一つひとつの商品がどんなプロセスで開発されていくかをゼロから経験することができます。営業の仕事は多種多彩な商品を取り扱うために、ややもすれば一つひとつの商品に対する思いが薄れがちです。商品開発に携わることで生産者側からの視点に立つことができ、一品一品にかける思いが強くなったと思います。今もその思いを大事にし、日々の営業を行っています。

進化

入社してすぐプロジェクト開発部という新しい部署が創設され、社内公募に応募しそのメンバーの一人に選ばれました。「卸」がもつ機能を改めて分析し、その意義や価値を見直すことで新たな事業を発掘しようというミッションでした。その後も営業代行ビジネスや商品開発、EC事業などさまざまな新規事業に携わることができました。事業ごとに難しさや面白さは違い、その一つひとつに対応していくことで、自然に様々な角度から仕事を見つめることができる技術が身についたと感じます。現在、担当している大手スーパーも当社にとって新規取引となるお客様。私なりの経験を活かし、今までにない切り口の提案を続けていきたいですね。

納品はあくまでスタート。商品を売ることがゴールです。

担当商品の見せ方、並べ方などにもこだわります。

伊藤忠食品を一言で表現すると?

絶えない「笑い」

笑いがある=人が良い証拠。いつまでも「人の伊藤忠食品」でありたいですね。

PICK UP

酒豪というわけではないのですが、仕事柄やはりお酒はたくさん飲みます。居酒屋や旅行先では、必ず飲んだことのないお酒を優先して注文してしまいますね。もう体に染み付いてしまった習慣なのですが、実際、その過程で魅力的な商品が見つかったり、企画のアイディアが浮かぶこともあるんです。食品は私たちの生活と密着した商品ですから、プライベートな側面から情報を得る努力をすることも重要なマーケティングだと思っています。

Prev Next

pagetop